東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

埼玉知事選 告示 5新人届け出 与野党対決

 埼玉県知事選は八日告示され、いずれも新人の五人が立候補を届け出た。現在四期目の上田清司知事は出馬せず、十六年ぶりの新人同士の争い。ともに無所属で、上田氏の後継的立場の元参院議員大野元裕氏(55)=社民支持=と、スポーツライター青島健太氏(61)=自民、公明推薦=による事実上の一騎打ちとなった。投開票は二十五日。

 十六年間の上田県政の評価や、今後急激に進む少子高齢化への対策が争点。大野氏は野党四党の支援も受けていて、与野党対決の側面も出ている。

 国民民主を離党した大野氏は、立憲民主、国民、社民の各県組織が支持し、共産も独自候補を立てずに自主支援に回る。「上田県政の継承と発展」を掲げ、上田氏の全面支援を受ける。

 元プロ野球選手の青島氏は、上田氏と対立してきた自民県連が県政奪還を目指して擁立。告示前から二階俊博幹事長ら党幹部が県内入りし、組織的な選挙戦を展開する。

 ほかに立候補を届け出たのは、無所属の元高校教諭武田信弘氏(65)、NHKから国民を守る党の医師浜田聡氏(42)、無所属の元会社員桜井志津江氏(63)。出馬を予定していた元参院議員の行田邦子氏(53)は、体調不良を理由に七日までに不出馬を表明している。

◆埼玉知事選立候補者(届け出順)

・大野元裕(おおのもとひろ) 55 無新 

 (元)参院議員・防衛政務官・中東調査会上席研究員▽慶大 社    

・武田信弘(たけだのぶひろ) 65 無新 

 (元)高校教諭・会社員▽国際基督教大                

・浜田聡(はまださとし) 42 N新 

 放射線科医・川崎医科大総合医療センター非常勤医師▽京大     

・桜井志津江(さくらいしずえ) 63 無新 

 (元)会社員▽駒沢女子短大                     

・青島健太(あおしまけんた) 61 無新 

 スポーツライター(元)プロ野球選手▽慶大 自公           

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報