東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

埼玉知事選 青島、大野氏が競る

 共同通信社は十六〜十八日、任期満了に伴う埼玉県知事選(二十五日投開票)に関し電話調査を行い、取材を加味して情勢を探った。自民、公明両党が推薦するスポーツライター青島健太氏(61)と、立憲民主党など四野党が支援する元防衛政務官大野元裕氏(55)が激しく競り合う。NHKから国民を守る党の医師浜田聡氏(42)、元会社員桜井志津江氏(63)、元高校教諭武田信弘氏(65)は厳しい。いずれも新人で、浜田氏以外は無所属。

 四割台半ばが投票先を未定とし、情勢は変化する可能性がある。先の参院選後、初の与野党対決型の知事選となった。

 支持政党別に見ると、青島氏は自民の五割台半ば、公明の六割台半ばを得た。日本維新の会の四割台半ばに食い込んだ。

 大野氏は立民の七割、国民民主の六割、共産の六割台半ばをまとめた。大野氏は立民、国民、社民の各党県組織の支持、共産党県委員会の支援を受ける。

 「支持する政党はない」とする無党派層は、青島氏が一割台半ば、大野氏が二割台半ばだった。

 ▽調査の方法=埼玉県の有権者を対象に16〜18日、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかけるRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法で実施した。実際に有権者がいる世帯にかかったのは1451件、うち1015人から回答を得た。

 調査は共同通信社、埼玉新聞社、毎日新聞社、テレビ埼玉が協力して実施。得られたデータのみを共有し、各社が独自に分析した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報