東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

岩手知事選告示 現新届け出 与野党対決へ

 任期満了に伴う岩手県知事選が二十二日告示され、いずれも無所属で、四選を目指す現職達増(たっそ)拓也氏(55)=立憲民主、国民民主、共産、社民推薦=と、新人の元県議及川敦氏(52)=自民推薦=が立候補を届け出た。先の参院選後、埼玉県に続き与野党対決型の知事選となる見通しだ。東日本大震災からの復興政策や現県政継続の是非が争点で、九月八日に投開票される。

 前回の二〇一五年が無投票だったため、八年ぶりの選挙戦となる。達増氏は国民民主党の小沢一郎衆院議員(岩手3区)に近いとされ、自民党は県政奪還を目指している。及川氏は公明党県本部の推薦を受けている。

 達増氏は盛岡市内で「震災からの復興はまだ途中だ。ハード面の整備を進めるとともに被災者の心と体のケアにも取り組む」と強調した。

 及川氏は同市内で「いたずらに政権と対立し、対話ができていない」と達増氏を批判。「震災から十年が経過した後の財源確保に向け国と協議を進める」と訴えた。

◇岩手知事選立候補者(届け出順)

達増拓也(たっそたくや)55 知事 無現<3> 立国共社

及川敦(おいかわあつし)52 (元)県議 無新 自

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報