東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

韓国軍、竹島周辺で訓練 規模拡大、日本へ強硬姿勢

25日、島根県の竹島(韓国名・独島)で、防衛などを想定して訓練する韓国海軍の特殊部隊=韓国海軍提供(共同)

写真

 【ソウル=境田未緒】韓国海軍は二十五日、韓国が実効支配する島根県の竹島(韓国名・独島(トクト))の防衛などを目的にした合同訓練を二十六日までの予定で始めた。韓国メディアによると軍関係者は「例年より規模は大きくなった」と明かした。日韓関係が行き詰まる中、GSOMIAの破棄決定に続き、日本への強硬姿勢を示す狙いがあるとみられる。

 日本政府は二十五日、外交ルートを通じて「竹島は歴史的事実に照らしても国際法上も明らかに日本固有の領土である」として「到底受け入れることはできず極めて遺憾で訓練の中止を強く求める」と抗議した。

 海軍と海洋警察の艦艇、海空軍の航空機、陸軍や海兵隊などが参加して、上陸訓練などを行った。年二回実施しており昨年十二月に続き今年六月の実施を予定していたが、日韓関係を考慮して延期していた。

 海軍は今回、竹島や日本海に対する韓国の主張を強調するためとして、訓練の名称を「独島防衛訓練」から「東海領土守護訓練」に変更した。韓国は日本海を東海と呼称している。

 韓国メディアによると軍関係者は「特定地域ではなく、鬱陵島(ウルルンド)を含む東海で、韓国の領土すべてを守るという意味が込められている」と話した。七月に中国とロシアが日本海上空で「合同パトロール」を実施し、ロシア機が竹島周辺で領空侵犯をした。訓練の規模拡大は中ロの動きも背景にあるとみられる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報