東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

五輪渋滞対策 首都高変動料金を決定 6〜22時1000円増 0〜4時半額

写真

 東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は二十六日、大会期間中の渋滞対策を話し合う検討会を都内で開いた。首都高速道路の交通量を抑制するため、競技時間と重なる時間帯はマイカーに千円上乗せし、未明は値下げする「ロードプライシング」の採用で一致した。変動料金は当初、中央環状線とその内側とする方向だったが、都内区間全体に拡大する。

 自治体や輸送業界を交えた調整会議を二十七日に開き、正式決定する。

 料金を上乗せするのは午前六時〜午後十時。支払い方法に関係なく、自家用や社用の乗用車を対象とする。バスやタクシー、トラック、事前に登録した福祉車両などは対象外とする。

 午前零時〜四時は、自動料金収受システム(ETC)を搭載した車に限り、首都高全線で料金を半額にする。物流事業者らに対し、競技時間と重ならない未明の利用を促すためだ。

 変動料金の導入により全体では増収になる見込み。増収分は首都高の料金システム改修や広報活動に充てる。

 実施期間は、関連行事が想定される来年七月二十日から五輪閉会式翌日の八月十日、パラリンピック開会式が行われる八月二十五日から閉会式の九月六日の二期間とする。

<ロードプライシング> 特定の道路や地域、時間帯に課金したり、料金を変えたりすることで交通量を調整する政策。混雑緩和を目的に、英ロンドンやシンガポールなどで一般道を有料化した例がある。国内では、住宅地域の大気汚染対策として首都高速と阪神高速で、迂回(うかい)して湾岸部を通行する大型車の割引が実施されている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報