東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

野党共闘 達増氏4選 岩手知事選 自民推薦候補破る

 与野党対決型となった岩手県知事選は八日投開票され、無所属現職の達増拓也氏(55)=立憲民主、国民民主、共産、社民推薦=が、無所属新人の元県議及川敦氏(52)=自民推薦=を破り、四選を果たした。野党は共闘を前面に掲げ、八月の埼玉県知事選に続き連勝。投票率は53・46%で、二〇一一年を6・46ポイント下回り、過去最低となった。任期満了に伴い実施された。

 二一年に発生から十年を迎える東日本大震災からの復興政策や、三期十二年にわたる現県政の評価が主な争点。達増氏は、国民民主党の小沢一郎衆院議員(岩手3区)に近いとされ、自民党は県政奪還を目指したが退けられた。

 選挙期間中、立憲民主党の枝野幸男代表ら野党四党幹部がそろって応援に入り、枝野氏は安倍政権の姿勢を批判していた。

 達増氏は、ハード面での復興事業の早期完了や被災者の住宅再建支援の継続などを訴えた。人口減少問題への対応強化も掲げ、幅広い支持を集めた。八日夜、盛岡市内で支持者を前に「復興を確かなものにし、地域振興を力強く進めたい」と強調した。

 公明党県本部からの推薦も受けた及川氏は、政権与党との関係を強化し、国が被災地を重点支援する「復興・創生期間」終了後の二一年度以降も財源を確保すると主張したが、立候補表明が今年七月となり出遅れが響いた。

◆岩手知事選確定得票

当 402,803 達増拓也 無現 立国共社

  155,504 及川敦 無新 自

<達増拓也(たっそたくや) 55 <4>> 知事(元)衆院議員・民主党県代表・外務省課長補佐▽東大  

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報