東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

日本の原油調達 経産相「支障なし」

 菅原一秀経済産業相は十七日の閣議後の記者会見で、サウジアラビアの石油施設攻撃で原油供給不足への懸念が強まっていることに関し「日本の原油調達に支障が出ているとは、今のところ聞いていない」と述べた。

 菅原氏は、国内消費量の二百三十日分を超える石油の備蓄を確保していることを強調。その上で「状況が長期化することも考えられる。国民生活や経済に影響が出ないように取り組んでいきたい」とし、注視していく考えを示した。

 米国は、今回の攻撃にイランが関与した可能性を指摘している。菅義偉官房長官は十七日の記者会見で「米国をはじめとする関係国と連携しながら情報収集、分析を進めているところだ」と述べるにとどめた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報