東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「緊急電源の確保を」 舩後氏、政府へ要望書

要望書を内閣府職員に渡す舩後靖彦参院議員(右)=18日、参院議員会館で

写真

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の舩後(ふなご)靖彦参院議員=れいわ新選組=は18日、台風15号による千葉県の広域停電を受け、武田良太防災担当相、河野太郎防衛相宛てに、緊急電源を確保する体制の構築を求める要望書を提出した。内閣府、防衛省の担当者に国会内で面会し、介助者が代読して手渡した。

 要望書はれいわの木村英子参院議員、山本太郎代表との連名。「災害時の電源確保は、舩後のような人工呼吸器を利用している人間にとっては切実な問題だ」と指摘。体温調節が困難な障害者や高齢者がエアコンが使えない状況で猛暑を過ごすのは「命の危険に直結する」と訴えた。

 被災した屋根をブルーシートで覆ったり、瓦を補修したりしていた人が転落する「2次災害」が発生していることにも触れ、自衛隊に対し「高齢者、要援護者の自宅を中心にさらなる支援を」と要望した。公的支援の対象となりにくい「一部損壊」の家屋に対する国の財政的支援も求めた。

 舩後氏は要望書提出後、介助者を通じ「亡くなられた方の思いを考えると、突然来た死に対し、どのように心が対処したのか想像できない。後生(ごしょう)で安らかな日々を過ごされることを願うばかりだ」と記者団に思いを明かした。 (大野暢子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報