東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

郵政とNHK 主張対立 「取材手法 暴力団と一緒」発言

 NHKの報道を巡って昨年、日本郵政グループが再三抗議した問題で、野党が四日、国会内で二回目の合同ヒアリングを開いた。NHKの取材手法を「暴力団と一緒」と発言した日本郵政の鈴木康雄上級副社長(元総務事務次官)と、NHK側の主張が対立した。

 鈴木氏は三日のヒアリング後、記者団に、NHK側から昨年「取材を受けてくれるなら(情報提供を呼び掛ける)動画を消す」と言われたとし、「それじゃ暴力団と一緒でしょ。殴っておいて、これ以上殴ってほしくないならもうやめてやる、俺の言うことを聞けって。ばかじゃないの」と述べた。

 NHKの木田幸紀放送総局長は四日のヒアリングで「改めて確認したがそのような事実はない」と否定した。しかし鈴木氏は「(昨年)七月三十日にディレクターが来て(郵政側広報担当者に)はっきり言った」と述べ、言い分は平行線だった。野党議員からは「取材上の駆け引きを暴力団と同じと言うのはいくらなんでも暴言だ」との声も上がった。

 一方、市民団体「NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ」(醍醐聡東京大名誉教授・共同代表)は四日、日本郵政の長門正貢社長と鈴木氏宛てに、「視聴者の知る権利を侵害した」として、NHKに対する抗議の撤回などを求める申し入れ書を提出した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報