東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

増税で経済「不安」70% 共同世論調査 軽減税率「複雑」82%

 共同通信社が五、六両日に実施した全国電話世論調査によると、消費税増税後の日本経済の先行きについて「不安」「ある程度不安」を感じているとの回答は計70・9%だった。「あまり不安を感じない」「不安を感じない」は計28・7%。増税に伴い導入された軽減税率制度は複雑だと思うが82・4%に上った。天皇陛下の即位に伴う二十二日の「即位礼正殿の儀」に合わせ、政府が実施する予定の恩赦に関し反対が60・2%で、賛成の24・8%を大きく上回った。

 一日に消費税率が引き上げられた後、初めての調査。経済の先行きについて九月の前回調査では「不安」「ある程度不安」は計81・1%で、今回より10・2ポイント高かった。

 安倍内閣の支持率は53・0%で前回調査から2・4ポイント減った。不支持率は34・2%で前回から8・5ポイント増えた。増税後、買い物を控えていないとの回答は74・9%で、控えているは24・6%。税率引き上げを評価するが43・4%、評価しないは49・4%だった。

 増税に伴いポイント還元制度が始まったキャッシュレス決済を「増やそうと思う」は37・5%にとどまり、「思わない」は61・2%だった。

 安倍晋三首相の下での憲法改正に反対は48・4%で、賛成の37・3%を上回った。

 次の首相にふさわしい人物を尋ねたところ、安倍首相が16・9%で最多。石破茂自民党元幹事長は15・0%、小泉進次郎環境相は14・7%だった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報