東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

北漁船「全60人救助」 能登沖衝突、違法操業か

 七日午前九時十分ごろ、能登半島の北西約三百五十キロで、北朝鮮漁船と水産庁の漁業取締船「おおくに」(約一、三〇〇トン)が衝突した。第九管区海上保安本部(新潟)によると、漁船は沈没。乗組員が海に投げ出されたが救助され、別の北朝鮮の漁船が現場で引き取った。乗組員は「六十人が乗っており、全員が救助された」と話したという。取締船は自力航行ができ、けが人はいなかった。

 現場は日本海の好漁場、大和堆(やまとたい)周辺で、日本の排他的経済水域(EEZ)内。水産庁は、イカ釣りの漁船が違法操業していたとみている。取締船は、衝突前にEEZから退去するよう放水や音声で警告。警告している最中に衝突が起きた。

 水産庁によると、沈没した漁船が違法なイカ漁を行ったのを確認できなかったため、別の北朝鮮船に引き渡した。

 政府は首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置。安倍晋三首相は衆院本会議で「わが国の排他的経済水域内での外国漁船による違法操業防止のため、毅然(きぜん)と対応する」と述べた。

 水産庁によると、漁業取締船は七日午前八時五十分前後にEEZに入っている漁船を発見。午前九時七分ごろ、取締船の船首と漁船の左舷中央部が衝突した。

 九管によると、取締船が救命用のいかだを出し、北朝鮮の乗組員がしがみついて海に浮かんでいたのを別の北朝鮮船が引き上げた。九管は、海上での捜索と救助に関する国際条約(SAR条約)に基づき、北朝鮮側に乗組員の引き取りを依頼していたが、その返答前だった。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報