東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

参院埼玉補選 N国党首と前知事対決 国政選挙で「相乗り」状態

 参院埼玉選挙区補欠選挙は十日告示され、NHKから国民を守る党の党首立花孝志氏(52)と、立憲民主、国民民主両党埼玉県連が支援する無所属の前同県知事上田清司氏(71)による一騎打ちとなった。投開票は二十七日。自民党は上田氏が憲法改正論議に前向きだとの理由で対抗馬を立てず、与党候補不在の異例の国政選挙となった。共産、社民両党県組織は自主投票。

 立花氏は七月の参院選比例代表で初当選。届け出が受理された時点で参院議員を自動失職した。N国の比例名簿で次点だった医師浜田聡氏(42)が繰り上げ当選となる見通し。

 補選は、八月の同県知事選で初当選した大野元裕氏の参院議員辞職に伴い行われる。

◆自民、独自候補擁立を断念 「上田氏は改憲派」と接近

 自民党は、十日告示の参院埼玉選挙区補欠選挙で、無所属で立候補した上田前埼玉県知事が改憲論議に前向きなことを理由に、独自候補を擁立しなかった。上田氏は野党の支援を受けており、国政選挙では異例の「与野党相乗り」の様相となった。(井上峻輔、大野暢子)

 自民が衆参の補選で候補者を立てなかったのは、二〇一六年の衆院京都3区補選以来。当初は独自候補の擁立を目指したが、前知事として高い知名度を持つ上田氏に対抗できる有力候補の人選は難航した。

 擁立した場合でも、当選すれば三年後の改選時は自公の現職と定数四の議席を争うことになる。落選すれば消費税増税後で政権には打撃だ。こうした事情も擁立を見送る原因となった。

 上田氏の改憲に対する姿勢も一因だ。九月の出馬会見では「憲法は時代に合わせて常に議論し、変えるべきところは変えるべきだ」と発言。自民幹部は「不戦敗」批判を意識し「上田氏は改憲勢力。不戦敗ではなく不戦勝だ」と強調する。

 二階俊博幹事長は「受け入れる用意はある」と当選した場合の自民入りの可能性に言及。十日の出陣式では同党の平沢勝栄衆院議員が「幹事長からも『できる限り応援してこい』と言われた」と明かした。

 上田氏を事実上の「統一候補」と位置付ける野党側は神経をとがらせる。野党系候補が八月の埼玉、九月の岩手両県知事選に続き、今回の補選も「三連勝」すれば、次期衆院選に向けた連携に弾みがつくとの期待もある。九月下旬には立憲民主党の枝野幸男、国民民主党の玉木雄一郎両代表が上田氏と会食し、選挙の準備を進めてきた。

 野党幹部は「ポスター張りを支援しているのは野党だ」と強調。上田氏に対しても「これまで自民と一線を画してきた。自民に擦り寄れば有権者の批判は免れない」とけん制する。

 上田氏との一騎打ちとなったNHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)は、「国会議員を選ぶ選挙で候補者を出さないのが信じられない」と、与野党双方を批判している。

◇参院埼玉選挙区補選立候補者 (届け出順)

立花孝志(たちばなたかし) 52 N元<1>

党首(元)葛飾区議・船橋市議・NHK職員▽信太高           

上田清司(うえだきよし) 71 無新 

(元)知事・全国知事会会長・民主党副幹事長▽早大院(衆)3        

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報