東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

北、漁船衝突で賠償要求 「日本側が沈没させた」

 【ソウル=中村彰宏】北朝鮮外務省の報道官は十二日、日本の排他的経済水域(EEZ)で七日に水産庁の取締船と北朝鮮の漁船が衝突したことをめぐり、日本政府に賠償と再発防止を要求した。朝鮮中央通信が伝えた。

 報道官は、「漁船が取り締まりに応じず急旋回して衝突したことが原因だと世論を誘導しようとしている」と日本政府を非難。「漁船は正常に航行していた」とし、「漁船を沈没させ、船員たちの生命と安全が脅かされたことの責任は逃れられない」と訴えた。

 「物質的被害の賠償と再発防止策を強く求める」とした上で、「このような事故が再び起きれば、日本が望まない結果を招くだろう」と警告した。

 衝突事故は、石川県能登半島沖の好漁場・大和堆周辺で発生。水産庁によると、取締船がEEZから退去するよう警告したところ、漁船が左側に急旋回して衝突、漁船が沈没した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報