東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

被害まずまず発言 二階氏は撤回せず

 安倍晋三首相は十五日午前の参院予算委員会で、台風19号で死傷者が多数出ている現状を「まずまずに収まった」とした自民党の二階俊博幹事長の発言に対し「中身を詳細に承知していないので、コメントを控える」と話した。首相は「この程度であれば良かったということは全くない。この瞬間も全力を挙げて対応している」と強調した。

 二階氏は十三日の党緊急役員会で「予測に比べると、まずまずに収まったという感じだ」と発言。その後、被害が軽いという趣旨ではないと釈明した。十五日の記者会見では「撤回するもしないもない」と話した。

 首相は参院予算委で「被災者の生活や経済活動への影響が長期化する懸念もある」と復旧に時間がかかる可能性も指摘した。省庁横断の被災者生活支援チームで迅速な対応に努めていると説明した。 (上野実輝彦)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報