東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

被災者支援へ予備費7.1億円 参院予算委で首相

 安倍晋三首相は十六日午前の参院予算委員会で、台風19号被害に関して、迅速な災害復旧と被災者支援を進めるため、二〇一九年度予算の予備費から七億一千万円を支出すると明らかにした。同日中の持ち回り閣議で決定する。被災自治体の要請を待たずに水や食料などの物資を送る「プッシュ型」の支援に充てる。

 首相は「被災自治体が財政上、安心して全力で応急対応あるいは復旧に当たれるよう必要な手当てを行う」と強調した。

 日本維新の会の片山大介氏は「台風接近中、国土交通省の河川の水位データやカメラ映像など防災情報がインターネットで閲覧できなくなった」と指摘。赤羽一嘉国交相は「アクセスが集中し、通信回線の容量を超えたことが主な原因として考えられる。国民に心からおわび申し上げたい」と答弁した。

 参院予算委では十五日に続いて、冒頭に台風19号の政府対応に関する審議を集中して実施した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報