東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

衛藤沖北相が靖国参拝 閣僚2年半ぶり 首相は供物奉納

靖国神社を参拝した衛藤沖縄北方相(右)=17日午前、東京・九段北で

写真

 衛藤晟一沖縄北方担当相は十七日、東京・九段北の靖国神社を同日からの秋季例大祭に合わせて参拝した。春秋の例大祭と終戦記念日に閣僚が参拝したのは約二年半ぶり。安倍晋三首相は「内閣総理大臣 安倍晋三」名で「真榊(まさかき)」と呼ばれる供物を奉納した。二十日までの例大祭期間中の参拝は見送る。大島理森衆院議長、加藤勝信厚生労働相も同様に真榊を奉納した。

 靖国神社には極東国際軍事裁判(東京裁判)のA級戦犯が合祀(ごうし)されており、閣僚参拝には中国などが反発する可能性が高い。関係者によると、衛藤氏は玉串料を私費で納めたという。

 菅義偉官房長官は十七日の記者会見で、首相らの真榊奉納や衛藤氏の参拝に関し「私人としての行動と理解しており、政府が見解を申し上げる事柄ではない」と語った。

 例大祭や八月十五日の終戦の日の閣僚参拝は、二〇一七年四月の高市早苗総務相(当時)を最後にゼロが続いていた。

 衛藤氏は保守系議員として知られ、首相と思想信条が近い。衛藤氏も名を連ねる超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」は、十八日に集団参拝する予定だ。

 首相は一二年十二月の第二次政権発足以降では、一三年十二月に靖国神社を参拝。その後、例大祭では参拝を見送り、いずれも真榊を奉納した。終戦の日には玉串料を私費で納めている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報