東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

超党派議連の100人靖国参拝 秋季例大祭

 超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久元参院副議長)のメンバー約百人は十八日午前、東京・九段北の靖国神社を集団参拝した。十七〜二十日の秋季例大祭に合わせた。政府からは加藤寛治農林水産副大臣(自民党)、岩田和親防衛政務官(同)、宮本周司経済産業政務官(同)が参列した。

 自民党や国民民主党、日本維新の会などの衆参両院議員が参加。議連は四月の春季例大祭、十月の秋季例大祭の際と、八月の終戦の日にそろって参拝している。今年春や昨年秋の例大祭では約七十人が参加していた。閣僚では衛藤晟一沖縄北方担当相が十七日に参拝した。安倍晋三首相は真榊(まさかき)と呼ばれる供物を奉納。参拝は見送る。

 尾辻氏は、首相の参拝見送りについて記者会見で「政府を挙げて台風被害の復旧作業に取り組んでいるさなかだ」と理解を示した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報