東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

即位パレード 来月10日午後3時出発 延期を閣議決定

 政府は十八日午前の閣議で、天皇陛下の即位に伴い二十二日に予定していたパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」を延期し、日曜日の十一月十日に実施することを決定した。台風19号による甚大な被害を考慮した。国内外の賓客に即位を宣言される「即位礼正殿の儀」と祝宴「饗宴(きょうえん)の儀」は予定通り二十二日に行う。悪天候の場合に備えたパレードの予備日は設定しなかった。

 天皇、皇后両陛下は十五日、台風19号被害について、宮内庁を通じて被災者へのお見舞いの気持ちを発表。政府はこうした両陛下の対応も踏まえ、甚大な台風被害による被災者の避難生活や復旧作業が続く現状でパレードを開くべきではないと判断した。十一月十四、十五日には皇位継承の重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」を控えているため、それまでには祝賀御列の儀を行う必要があるとスケジュールを決めた。

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は記者会見で、日程を十一月十日とした理由について「国民の参加のしやすさ、交通規制による影響、皇室における行事予定を勘案した」と説明した。

 パレードは午後三時に皇居・宮殿をスタートし、警視庁や国会議事堂正門前などを経て、赤坂御所までの全長約四・六キロを約三十分かけて進行する。トヨタ自動車の「センチュリー」をオープンカーに改造した車両を使う。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報