東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

首相、各国要人と次々会談へ 即位の礼に合わせ来日

 安倍晋三首相は二十一日、天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に合わせて来日する各国要人との「マラソン会談」をスタートした。午前中はモルディブのソーリフ大統領を皮切りに、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相らと東京・元赤坂の迎賓館で会談した。二十一日だけで二十カ国超の要人との会談を予定している。

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は記者会見で、マラソン会談の意義について「令和の新しい時代を迎えた日本について理解を深めてもらい、国際社会の課題に取り組むわが国の考え方を共有する上でよい機会になる」と強調した。

 モルディブはインド洋の島しょ国。首相はソーリフ氏に対し自らが掲げる「自由で開かれたインド太平洋」構想への協力を要請。スー・チー氏とはイスラム教徒少数民族ロヒンギャの帰還問題について話し合うとみられる。

 午後にはパレスチナ自治政府のアッバス議長、ウクライナのゼレンスキー大統領、スペイン国王フェリペ六世、フランスのサルコジ元大統領らと会談する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報