東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

経産相 与党にも進退論 香典報道「きょう国会で説明」

菅原一秀経産相

写真

 菅原一秀経済産業相の公設秘書が支援者の通夜で香典を渡したとする週刊文春の報道を巡り、与党内で二十四日、菅原氏の進退論に発展するとの見方が浮上した。菅原氏は同日夕、経産省で記者団に「明日、国会できちんと説明したい」と話した。衆院経済産業委員会は二十五日、菅原氏が出席し、質疑を行う。

 公明党幹部は二十四日、「本人がきちんと説明でき、野党のみならず、世論が納得するかどうかだ」と話し、説明が受け入れられない場合、辞任もやむを得ないとの考えを示した。政府高官も「本当なら厳しい」と指摘した。

 二十四日発売の週刊文春によると、公設秘書が十七日、菅原氏の代理として、選挙区内の東京都練馬区の葬儀場で行われた地元町内会元会長の通夜に参列し、香典二万円を渡した。同誌は、秘書が受付で香典を渡している場面とされる写真も掲載した。

 香典が菅原氏名義であれば、公職選挙法が禁じる寄付にあたる可能性がある。

 菅原氏は、十数年前に有権者にメロンやカニを贈っていた疑惑を巡り、今月中旬以降、衆参両院の予算委員会で野党から追及を受けた。その直後にも香典を渡していたとの報道に、自民党の閣僚経験者は「最近の話。完全にアウト」と話した。

 立憲民主党の安住淳国対委員長は二十四日、自民党の森山裕国対委員長と会談し、菅原氏が二十五日の衆院経産委で説明責任を果たすよう求めた。安住氏は記者団に「事実関係がはっきりするまで、国会は全委員会が動かなくなる」と、徹底追及する考えを強調した。 (清水俊介)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報