東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

小泉氏 最多2.9億円 新閣僚資産 平均5107万円

 第四次安倍再改造内閣で新たに入閣した十五人が二十五日、九月の閣僚就任時の保有資産を公開した。家族分を含めた総資産は、小泉進次郎環境相が二億九千一万円で最も多かった。全額が八月に結婚した妻クリステルさんの名義。十五人の総資産平均は五千百七万円だった。小泉氏の総資産は、公開済みの安倍晋三首相や留任閣僚を含めても、麻生太郎副総理兼財務相に続く二番目の額となった。

 フリーアナウンサーのクリステルさんは計二億九千一万円の有価証券を保有する。内訳は、国債一億五千万円、公社債千三百九十九万円など。

 小泉事務所は「キャスターやCM出演などの仕事で形成した資産を有価証券で運用している」とコメントした。小泉氏本人の申告資産はなかった。

 経済産業相を二十五日に辞任した菅原一秀氏分を含めて発表された。入閣した十五人で二番目に多いのは加藤勝信厚生労働相の九千百十三万円で、竹本直一科学技術担当相(八千二百六十六万円)が続いた。最少はゼロの赤羽一嘉国土交通相。家族分を除いた閣僚本人の資産平均額は二千六百八十二万円となった。

 加藤氏は、東京都杉並区や岡山県内の不動産のほか、千五百七十九万円の有価証券を保有する。竹本氏の資産は、地元の大阪府内に持つ土地や建物が大半を占める。

 株式は総資産額に算入されず、実際の資産は公開額を上回る。

 首相や留任閣僚を含めた内閣全体の総資産平均は八千二百七十一万円。トップの麻生氏は総資産が五億二千三百三万円(二〇一七年十一月時点)に上る。梶山弘志経産相の資産は後日公開される。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報