東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

台風19号「激甚」指定 非常災害、水害で初適用

写真

 政府は二十九日の閣議で、広い範囲で大きな被害を出した台風19号を激甚災害に指定することを決定した。自治体の復旧事業に対する国庫補助率を一〜二割程度引き上げる。大規模災害復興法に基づく「非常災害」にも指定し、長野県などで自治体管理道路の復旧を国が代行する。被災地の早期復旧・復興に向け、財政、人員両面で自治体を支援する。非常災害指定は二〇一六年の熊本地震以来二件目で、水害では初となる。 

 武田良太防災担当相は記者会見で復旧工事代行について「スピード感を持ち、技術的な意味でもしっかりした対応ができる」と説明。激甚災害指定に関連し、台風21号と低気圧の影響による福島、千葉両県などの記録的豪雨も「(台風19号と)一連の災害と考えている」として指定を目指す方針を明らかにした。

 台風19号の激甚災害指定により、道路や河川、下水道、公立学校、農地・農業用施設、林道などの復旧事業に対する補助率をかさ上げする。過去五年の指定例の平均では、公共土木施設は70%から83%に引き上げられた。地域は限定しない。

 公民館や図書館、私立学校、事業協同組合などの施設復旧も支援。被災中小企業に対し、事業再建資金を借り入れる際の優遇措置も実施する。

 大規模災害復興法に基づく非常災害指定により復旧を代行する道路は、千曲川の増水で海野宿(うんのじゅく)橋が崩落した長野県東御市の市道のほか、宮城県丸森町、福島県いわき市、群馬県嬬恋村、相模原市、長野県南箕輪村の国道の計六カ所。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報