東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

緒方貞子さん死去 92歳 元国連難民高等弁務官

死去した緒方貞子さん

写真

 国連難民高等弁務官として難民支援に貢献した国際協力機構(JICA)元理事長の緒方貞子(おがたさだこ)さんが二十二日に死去したことが二十九日、分かった。九十二歳だった。関係者が明らかにした。 

 聖心女子大卒業後、米カリフォルニア大学で政治学の博士号を取得。国際基督教大学准教授から一九七六年に国連公使に起用された。その後、国連人権委員会の日本政府代表などを務め、九一年一月に国連難民高等弁務官に就任。

 二〇〇〇年末まで約十年間の任期中に、イラク・クルド、ルワンダ難民支援などに取り組むほか、高等弁務官事務所の財政立て直しなどに取り組んだ。

 退任後、アフガニスタン復興支援政府代表を務めた。〇三年には、新たに発足した国際協力機構の初代理事長に就任。約八年半の在任中、現場重視の立場から、四十カ国以上に自ら出張し、職員も積極的に派遣した。アフガンや南スーダンなど途上国支援に尽力した。理事長を退いてからは、特別顧問。

 二〇年東京五輪・パラリンピックの成功に向け、組織委員会の理事会へ助言役を担う顧問会議にも名を連ねた。

 〇三年に文化勲章を受章した。

2002年6月、カブール郊外のショマリ平原の村を視察する緒方貞子アフガニスタン復興支援日本政府代表(中央)=共同

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報