東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

秋の叙勲4113人

 政府は三日付で二〇一九年秋の叙勲受章者を発表した。今回最高位の桐花大綬章に伊達忠一前参院議長(80)が選ばれた。俳優の柄本明さん(71)、泉ピン子(本名・武本小夜)さん(72)、歌手の水前寺清子(本名・林田民子)さん(74)、由紀さおり(本名・安田章子)さん(72)らには旭日小綬章が贈られる。

 受章者は桐花大綬章一人、旭日章千五人、瑞宝章三千百七人で計四千百十三人。このうち民間人は千九百六十七人で47・8%を占めた。内閣府によると〇三年の制度改正以降で最高。女性は旭日重光章の中山恭子元拉致問題担当相(79)ら四百十一人で10%を占め、人数、割合ともに制度改正以降で最高となった。

 旭日大綬章は六人で、谷垣禎一元財務相(74)、溝手顕正元国家公安委員長(77)、柳本卓治前参院憲法審査会長(74)、槍田松瑩(うつだしょうえい)元三井物産社長(76)、岡本圀衛(くにえ)元日本生命保険社長(75)、松尾新吾元九州電力社長(81)に決まった。瑞宝大綬章は小津博司元検事総長(70)の一人。

 芸術文化分野では、小説家の坂上弘さん(83)、日本舞踊家の藤間勘祖(かんそ)(本名・藤間高子(こうこ))さん(73)、陶芸家の森野泰明(ひろあき)さん(85)らが旭日中綬章、歌人の永田和宏さん(72)が瑞宝中綬章を受章。産業振興分野では、天坊昭彦元出光興産社長(79)に旭日重光章、正垣(しょうがき)泰彦サイゼリヤ会長(73)に旭日中綬章が贈られる。

 学術研究分野では、フランス文学の塩川徹也東大名誉教授(74)らが瑞宝重光章、医療・福祉分野で寺下浩彰和歌山県医師会会長(72)らが旭日小綬章に決定。「人目につきにくい分野」では、医師としてへき地医療に従事した奥原佐(たすく)さん(70)=長野県木祖村=らが瑞宝双光章を受けた。

 大綬章は天皇陛下、重光章は安倍晋三首相が七日に皇居で授与する。

◆旭日小綬章 歌手・由紀さおりさん「次世代へ歌を継ぐ」

写真

 唱歌「故郷(ふるさと)」を一節歌うと、報道陣に「この歌で想像する世界は人それぞれ違う。それがすてきなこと。先人が残した歌を皆さんに一、二曲は覚えて歌っていただけたら」。旭日小綬章の知らせに、次世代へ歌を伝える使命感を新たにした。

 一九六九年に「夜明けのスキャット」でデビュー。「手紙」「恋文」などがヒットし、姉の安田祥子さんと共に、日本の童謡や唱歌を歌い広めてきた。美しく澄んだ声で歌う日本語は、優しく温かい響きが印象的だ。

 「歌は言葉を伝える。言葉を明確に届けたい」と心掛ける。言葉を大事にした歌は海外の人にも伝わり、米バンド「ピンク・マルティーニ」との共作アルバムは世界的にヒットした。「音楽はボーダーレスで、エモーションは言葉を超えます」

 新曲「あなたにとって」や一人芝居などに挑み「受章で、頑張りなさいと背中を押していただいた。これからが試されます」と前を見据えた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報