東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

首里城復元へ首相が「全力」 初の閣僚会議

 政府は六日、火災で正殿などが焼失した首里城(那覇市)の復元に向けた初の関係閣僚会議を首相官邸で開いた。安倍晋三首相は「首里城は沖縄の誇りとも言える極めて重要な建造物だ。一日も早く復元できるよう、必要な財源を含め政府として責任を持って全力で取り組む」と話した。沖縄県側と連携して観光振興など地元のニーズに対応した施策を推進する考えも表明した。

 関係閣僚会議は首相のほか、議長を務める菅義偉(すがよしひで)官房長官や衛藤晟一沖縄北方担当相が出席。再発防止に向けた防火対策や、復元のための木材調達、職人確保の点で課題があることを確認した。今後、各省庁が連携して対応すると申し合わせた。首里城は国営沖縄記念公園の一部。与野党からは二〇一九年度補正予算で対応すべきだとの意見が出ている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報