東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

衆院憲法審 今国会初の議論 国民投票対象巡り議論

衆院憲法審査会で発言する自民党の森英介氏(中)=7日、国会で(小平哲章撮影)

写真

 衆院憲法審査会は七日午前、審査会メンバーによる九月の欧州四カ国視察の報告と討議を行った。衆院憲法審の実質的な議論は、今国会初めて。

 視察団長を務めた前審査会長の森英介氏(自民)は、国民投票の際のテレビ、ラジオCM規制について「各国とも十分な検討が行われていない。議論を深めていくことが望ましい」と報告した。山花郁夫氏(立憲民主)は「憲法改正とは別に国民投票が重視され、しばしば行われていた」と視察結果を説明。国民投票の対象を、改憲以外にも広げる議論の必要性を訴えた。階猛氏(無所属)も同様の考えを強調した。

 新藤義孝氏(自民)は「憲法施行時に想定されなかった、社会情勢の変化に対応する必要がある。実情を踏まえた憲法改正議論の必要性を改めて痛感した」と改憲論議の加速を促した。

 これに対し、奥野総一郎氏(国民民主)は、ドイツが基本法(憲法)を六十三回改正していることを巡り「(国によって)状況が異なる。日本が一度も憲法改正をしていないことが特殊だという結論にはならない」と指摘した。

 北側一雄氏(公明)は、大規模災害発生時の国会議員の任期延長について「憲法論議を進めるべき課題だ」と語った。議員団はドイツ、ウクライナ、リトアニア、エストニアを訪問した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報