東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

桜を見る会 二階氏「後援会招待は当然」 名簿、終了後に廃棄

 自民党の二階俊博幹事長は十二日の記者会見で、首相主催の「桜を見る会」に地元の後援会員を招待する是非に関し「議員が選挙区の皆さんに配慮するのは当然だ」と語った。自身が招待したかどうかは「思い出せない」とした。同会を巡っては、安倍晋三首相の地元後援会員が多数招待された疑惑が指摘されている。政府は招待客を適切に選定していると強調した。

 政府は各界で功績、功労があった人物を各省庁の意見を踏まえて招待する、と説明している。

 内閣府の大塚幸寛官房長は十二日の衆院地方創生特別委員会で招待客選定について「プロセスは適正だと考えている」と述べ、問題はないとの認識を表明。招待客名簿に関し「保存期間一年未満の文書と位置付けており、会の終了後、遅滞なく速やかに廃棄している」とした。「事実上もう、今は調べることはできない」とも主張した。

 同時に「(招待客の)取りまとめの過程はこれまでのやり方で引き続き行いたい」として、改める考えがないことを強調した。立憲民主党などでつくる会派で無所属の今井雅人氏への答弁。今井氏は、各省庁の選定経緯を調査するよう内閣府に求めたが、大塚氏は「今の時点で行う考えはない」と拒否した。

 首相はこれまでの国会答弁で、招待客の人選への関与を否定している。

 国民民主党の原口一博国対委員長は記者会見で「安倍政権は権力の私物化が目に余る」と批判。第二次安倍内閣以降、開催規模が膨らんでいるとして経緯や招待客の人選方法、首相の政治団体が後援会員の参加に関与していないかなどを徹底追及する考えを示した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報