東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

桜を見る会 今年の招待名簿、既に廃棄 保存1年未満の運用

 菅義偉官房長官は十二日の衆院本会議で、安倍晋三首相が主催する「桜を見る会」の招待客名簿を会の終了後、一年未満に廃棄していることを明らかにした。今年分の名簿が既に廃棄されたことも判明した。 

 菅氏は文書の保存期間について「公文書管理法に基づき各行政機関が定める」と説明。桜を見る会の名簿に関しては「全て保存すれば、個人情報を含んだ膨大な文書を適切に管理する必要が生じる。内閣府で保存期間一年未満の文書として遅滞なく廃棄する取り扱いとしている」と述べた。

 内閣官房の担当者は野党追及チーム会合で、今年分の名簿に関し「文書、電子媒体とも存在していない」と釈明した。野党側は各府省が提出した招待客の推薦人数の提出を求めたが、内閣官房側は「事務の適正な遂行に支障を及ぼす可能性がある」と拒否した。

 行政文書の管理に詳しいNPO法人情報公開クリアリングハウスの三木由希子理事長は「参加者の名簿は本来、支出の根拠になる資料のはずだ」と一年未満の廃棄に疑問を呈した。その上で「文書がないことにするのが情報を隠す一番良い方法だ」と指摘。実際には招待客名簿が存在する可能性もあるとみる。 (妹尾聡太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報