東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

桜を見る会 文科省、推薦名簿を保存 萩生田氏の後援会参加

 萩生田光一文部科学相は十三日の衆院文科委員会で、公費で首相が主催する「桜を見る会」の招待者に関し、文科省が過去に作成、提出した同省分の推薦者名簿を保存していることを明らかにした。自身の後援会関係者が参加したことがあるとも認めた。加藤勝信厚生労働相も衆院厚労委員会で「地元の方、知っている方に会う機会があった」と説明。立憲民主党など野党四党の国対委員長は国会内で会談し、衆参両院で安倍晋三首相が出席する予算委員会集中審議の開催を求める方針で一致した。

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は記者会見で招待客について、国会議員側からの働き掛けもあり得るとの認識を示した。「一九五二年から続いた行事だ。そうしたものも含まれるのだろう」と述べた。

 文科省によると、同省が作成、提出した推薦者名簿は、省内の規則に基づき二〇一七〜一九年に開催した三回分を保存しているという。萩生田氏は推薦者名簿に関し「個人情報が多く、推薦段階の情報でもあり、明らかにできない」と説明した。立民の村上史好氏への答弁。

 内閣府の大塚幸寛官房長は十二日の衆院地方創生特別委員会で、内閣府と内閣官房が取りまとめた招待客名簿について「保存期間一年未満の文書と位置付けており、会の終了後、速やかに廃棄している」と答弁。文書保存の有無について今後、野党などが追及を強める可能性もありそうだ。

 加藤氏は厚労委で「ぜひ行きたいという陳情ベースであるものは普通の陳情と同じように事務所で処理していると思う」と語った。

 野党国対委員長会談後、立民の安住淳国対委員長は記者団に「次々と疑問が明らかになっている。首相が出てこない限り、この話は終わらない」と強調。会談では、衆参の各委員会で省庁や閣僚らに対し、関連質問をしていくことも申し合わせた。

 一方、自民党の二階俊博、公明党の斉藤鉄夫両幹事長は東京都内で会談し、桜を見る会の招待客選定基準の見直しが必要との認識で一致した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報