東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「首相に説明責任」 共産、衆院憲法審

 衆院憲法審査会は十四日午前、メンバーによる欧州四カ国の視察を受け、各党の自由討議を行った。本村伸子氏(共産)は、安倍晋三首相が来年度の中止を決めた「桜を見る会」について「首相の説明責任が問われている。(憲法が保障する)国民の知る権利が踏みにじられている」と首相の説明不足を批判した。

 視察に関する自由討議は七日の前回に引き続き二回目。本村氏は桜を見る会に関し、首相の予算委員会での説明を要求した。

 船田元氏(自民)は「憲法審査会は極力、政局の影響を受けないようにというのが伝統であり、理想。これを現実のものとしていくのが与野党の責任だ」と語った。

 照屋寛徳氏(社民)は自民党主導の改憲論議について「国民多数の民意に反する」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報