東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

首相「事務所はきちんと対応」 懇親会費で反論

 安倍晋三首相は十五日、「桜を見る会」の前夜に地元後援会と東京都内のホテルで開いた懇親会を巡り、公選法や政治資金規正法に触れる可能性を野党に指摘されたことを受け「事務所はきちんと対応している」と反論した。官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は、桜を見る会を巡る問題について「国会から求められれば説明を果たすのは当然だ」と話した。

 懇親会を巡っては、野党の追及チームが、ホテルの宴会料金は一人当たり最低一万一千円なのに対し、実際の会費は五千円だったとして、差額を首相側が補填(ほてん)した可能性があると指摘している。

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は記者会見で「ホテルに柔軟に対応いただける。通常、(参加者が)百人来れば百人分を立食で用意することはないのではないか」と話し、問題ないとの認識をあらためて示した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報