東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

桜を見る会「反省」 首相、異例の21分釈明

「桜を見る会」を巡り、記者団の質問に答える安倍首相=15日夜、首相官邸で

写真

 「桜を見る会」を巡る十五日夜の安倍晋三首相の記者団への説明は二十一分に及んだ。昼にもこの問題で記者団の取材に短時間応じた。首相が一日に同じテーマで二回取材に応じたり、長時間説明したりするのは異例だ。批判が強まり、釈明せざるを得ないと判断したとみられる。 (川田篤志)

 首相は昼、夜とも記者団の要望で取材に応じた。こうした取材機会では通常、自身の発言後、質問を受けず立ち去ることが多いが、この日は昼に二問の追加質問を受け、夜には自ら記者団に質問を促す場面もあった。改めて記者会見するよう求められると「いま質問してほしい」と拒否した。

 野党が衆参予算委員会の集中審議への出席を求めていることについては「国会から求められれば説明責任を果たすのは当然だ」と語った。だが、自民党幹部は「今やる必要はない」と記者団に述べ、今国会の集中審議を否定した。

 野党側からは首相の姿勢に対し「国会議員との質疑に応じない。『この話は今週で終わりにしましょう』と言わんばかりの対応だ」(立憲民主党の安住淳国対委員長)と批判の声が上がった。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報