東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

対北連携確認へ 日韓問題も協議 日米防衛相会談

 【バンコク=岩崎健太朗】河野太郎防衛相は十八日午前、訪問先のタイ・バンコクでエスパー米国防長官と会談した。北朝鮮の相次ぐ弾道ミサイル発射や、非核化で緊密な連携を確認。二十三日午前零時に失効期限を迎える日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)への対応などを協議した。

 河野氏が九月に就任後、直接、個別会談したのは初。河野氏は約一時間の会談後、「強固な同盟関係を確認し、幅広い課題について意見を交わした」と語った。

 GSOMIAを巡っては十七日の日韓、日米韓会談でも韓国側の破棄方針は覆らなかった。日本政府は「安全保障にただちに影響はない」との立場だが、日米韓の迅速な情報共有への支障が出かねず、米国は北朝鮮や中国を利する恐れがあると懸念する。

 日本政府が検討する自衛隊の中東派遣や、中国が海洋進出を強める東シナ海問題も意見交換。在日米軍を巡り、岩国基地(山口県岩国市)所属の戦闘機部隊の規則違反横行が発覚し、三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機による民有地への模擬弾落下事故など問題が立て続けに起きており河野氏は安全対策と再発防止を求めたとみられる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報