東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

ローマ教皇演説に「日本の安保不変」 官房長官

 菅義偉官房長官は二十五日の記者会見で、核抑止を否定したローマ教皇(法王)フランシスコの二十四日の演説に関し、米国の「核の傘」に依存する日本の安全保障政策に変わりはないと表明した。「核を含む米国の抑止力の維持、強化がわが国の防衛にとって現実的で適切な考え方だ」と話した。

 被爆国である日本が核兵器禁止条約に署名していないことについては「核廃絶というゴールは共有している。安全保障上の脅威に適切に対処しながら、緻密に核軍縮を前進させる道筋が必要だ」と説明した。教皇の長崎、広島訪問には「国際社会に被爆の実相に関する正確な発信を行う上で重要だ」と評価した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報