東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

教皇「二度と原爆投下ないように」 首相官邸演説、政府「核の傘」依存変えず

写真

 ローマ教皇(法王)フランシスコは二十五日、首相官邸で開かれた懇談会で演説し「広島と長崎に投下された原爆の破壊が二度と繰り返されないように必要なあらゆる仲介を推し進めてください」と核廃絶に向けた取り組みを求めた。日本政府は米国の「核の傘」に依存する安全保障政策を変えない姿勢を示した。

 懇談会には安倍晋三首相ら三権の長、閣僚、各国の駐日大使らが出席した。教皇は「核の問題は多国間レベルで取り組むべきものだ」と指摘。「政治的・制度的プロセスを促進することでコンセンサスと、より広範な国際的行動を創造することができる」と訴えた。

 首相は教皇に先立ち「唯一の戦争被爆国として『核兵器のない世界』の実現に向け、国際社会を主導していく使命を持つ国だ」と表明。「これからも核兵器国と非核兵器国の橋渡しに努めてやまない」と語った。米国の「核の傘」や日本政府が反対する核兵器禁止条約には触れなかった。

 これに関連し、菅義偉(すがよしひで)官房長官は記者会見で「核抑止力を含めた米国の抑止力を維持、強化していくことは、わが国の防衛にとって現実的で適切な考え方だ」と述べた。

 教皇は、世界中の経済格差の拡大や日本を含む少子高齢化の進行を巡っては「各国、各民族の文明は経済力ではなく、困窮する人にどれだけ心を砕いているか、そして出生率の高さと命を育む能力があるかによって測られる」と警鐘を鳴らした。 (川田篤志)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報