東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

中曽根康弘元首相 死去 101歳「戦後政治の総決算」掲げ

中曽根康弘・元首相

写真

 「戦後政治の総決算」を掲げ、首相在任約五年で国鉄の分割・民営化や、日米同盟強化を進めた中曽根康弘(なかそねやすひろ)元首相が二十九日午前七時二十二分、老衰のため東京都内の病院で死去した。百一歳。群馬県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行い、後日お別れの会を開く。喪主は長男で参院議員の弘文(ひろふみ)氏。

 中曽根氏は一九一八年五月、群馬県高崎市生まれ。旧東京帝国大(現東大)卒。旧内務省に入り、海軍主計将校として終戦を迎える。四七年に衆院旧群馬3区で初当選。連続二十回当選で在職五十六年。科学技術庁長官、通産相、自民党幹事長などを歴任し、八二年十一月に、鈴木善幸首相の退陣を受けて第七十一代首相に就任した。

 首相在任中は国鉄(現JR各社)のほか、日本電信電話公社(現NTT各社)、日本専売公社(現日本たばこ産業=JT)の民営化を推進。レーガン米大統領(当時)との「ロン・ヤス」関係の下、防衛費の国民総生産(GNP)比1%枠を突破する予算を編成。不沈空母発言などで日米同盟を強化した。戦後の首相では初めて靖国神社を公式参拝し、中国などの批判を浴びた。

 首相在任千八百六日間は戦後第五位。政権発足当初は、閣僚や党役員に田中派有力議員を大量に起用し、「田中曽根内閣」などとやゆされた。小派閥の中曽根派を率い、政界の「風見鶏」とも呼ばれた。

 八六年には衆参同日選に踏み切り、自民党は衆院三百議席の圧勝。中曽根氏は党総裁任期を一年延長し首相を続投。売上税導入を目指したが、公約違反との批判を受けて断念した。八七年に首相退任。党内でニューリーダーと目されていた安倍晋太郎、竹下登、宮沢喜一の三氏のうち、竹下氏を後継指名した。

 中曽根氏はロッキード事件で関わりが指摘されたほか、首相退任後にはリクルート事件を巡って、国会で証人喚問され、自民党を一時離党。九七年に大勲位菊花大綬章を受章した。二〇〇三年の衆院選で、自民党が比例代表で定年制を導入。当時の小泉純一郎首相の説得を受け、引退した。

 「自主憲法制定」がライフワーク。昨年五月の百歳の誕生日に合わせて出したコメントでも、改憲に向けて与野党に議論を促した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報