東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

進次郎氏、慣例にホットな議論を マイボトルコーヒー、国会中はだめ?

写真

 国会審議中にマイボトルでコーヒーを飲んではいけないのか−。小泉進次郎環境相=写真=が、慣例に縛られた国会のルールに一石を投じている。飲み物持ち込みに関する衆参両院の規則はないが、国会関係者は前例を引き「過去に認められたのは、さゆだけだろう」と困難視する。識者から「見直す余地はあるのではないか」との声が上がる。

 小泉氏は先月二十九日開かれたシンポジウムで、同十二日の衆院環境委員会にマイボトル入りのコーヒーを持参して「怒られた」と告白した。今月一日の東京都内の講演でも、ルールを変えたいと訴えた。

 衆参両院事務局によると、飲み物の持ち込みは各委員会の理事会で許可を得るのが慣例。小泉氏はルールを知らず、許可を得ていなかった。各委員会には冷水が用意されており、健康管理を理由とする場合はさゆの持ち込みを認めてきた。安倍晋三首相もさゆを入れたマイボトルを予算委員会に持ち込むことがある。

 温かいコーヒー、紅茶を出す事例も一部あるが、マイボトルで持参となると、国会関係者らは「理事会で協議した記憶はないが、許可されない可能性が高い」と話す。

 小泉氏は閣僚になる前、中堅、若手議員らと国会改革に取り組んだ。今回はマイボトルを推奨する環境相の立場から「何を飲むか、自分で判断する成熟した国会をつくりたい」と呼び掛ける。

 元官房副長官の松井孝治慶応大教授は、公務員も就業中にコーヒーやお茶を飲むと指摘し「良識の範囲内で飲み物を選べるよう、国会で議論を深めてほしい」と語る。

参院予算委で水筒を口にする安倍首相=2018年、国会で

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報