東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

国家公務員の冬賞与68万円 2年連続減

 国家公務員に十日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。管理職を除く一般行政職(平均三五・〇歳)の平均支給額は六十八万七千七百円。昨冬より二万二千三百円少なく冬のマイナスは二年連続となる。政府は二〇一九年度のボーナス年間支給月数を引き上げたが、夏との配分見直しや職員の平均年齢が〇・五歳下がったことが影響した。支給額のトップは、大谷直人最高裁長官の五百八十六万円で、衆参両院議長の五百四十三万円が続いた。各省庁の事務次官は三百三十三万円だった。

 行財政改革推進の姿勢を示すため、安倍晋三首相が支給額の30%、閣僚は20%の自主返納を申し合わせている。内閣人事局の試算によると、返納後の額は首相が四百十万円、閣僚三百四十二万円。

 八月の人事院勧告に基づく給与法改正で、年間のボーナス支給月数は引き上げられたが、夏を増やしたため、この冬は〇・〇五カ月減の二・二四五カ月分となった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報