東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

緊迫する中東地域 首相「抑制対応を」 サウジ皇太子と会談

サウジアラビア・ウラー近郊でムハンマド皇太子(左)と握手する安倍首相=12日(代表撮影・共同)

写真

 【ウラー=共同】安倍晋三首相は十二日夜(日本時間十三日未明)、サウジアラビア北西部のウラー近郊でムハンマド皇太子と会談した。米国とイランの対立で緊迫する中東地域について「軍事衝突は世界の平和と安定に大きな影響を及ぼす」と述べ、各国の抑制的な対応が必要だと表明。ムハンマド氏は同意する考えを示した。両氏は中東の緊張緩和に向け、関係国が力を結集すべきだとの認識で一致した。

 中東の大国であるサウジとイラン両国は敵対関係にあり、断交が続いている。首相の発言には、中東の安定化にサウジが果たす役割は大きいとの判断があるとみられる。

 会談で首相は、海上自衛隊の中東派遣は日本関係船舶の安全航行が目的だと説明。ムハンマド氏は「完全に支持する」と応じた。

 首相は十三日、次の訪問国・アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビへ移動した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報