東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

麻生氏「誤解あればおわび」 一つの民族発言 謝罪

 麻生太郎財務相は十四日の閣議後会見で、日本は一つの民族が続いているとした自身の発言について「誤解が生じているならおわびする」と謝罪した。発言の趣旨については「民族の大移動がないなど比較的まとまった形で(国が)続いてきたことを述べた」と釈明した。

 麻生氏は十三日、地元の福岡県直方(のおがた)市で開いた国政報告会で「二千年の長きにわたって、一つの民族、一つの王朝が続いている国はここしかない」と発言した。アイヌ民族を「先住民族」と法律で初めて明記したアイヌ施策推進法が昨年五月に施行されたことに対して、麻生氏は「政府の方針を否定するつもりはない」と答えた。 (大島宏一郎)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報