東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

韓国大統領、元徴用工訴訟で「日本は解決策提示を」 年頭会見  

14日、ソウルの韓国大統領府で年頭の記者会見を行い、報道陣の質問に答える文在寅大統領=聯合・共同

写真

 【ソウル=中村彰宏】韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は十四日、年頭の記者会見を開いた。日韓の最大の懸案となっている元徴用工訴訟への対応について、「韓国政府はこれまでに解決策を示している」と述べた上で、日本側にも解決策を提示するよう要求。「韓国の案と日本が修正、提示した案を突き合わせて知恵を集めれば、十分に解決できる」との考えを示した。

 文氏は「最も重要なのは被害者が同意する解決策にすることだ」と強調。慰安婦を巡る二〇一五年の日韓合意を引き合いに、「政府が同意しても被害者の同意がなければ問題は解決できない」と述べた。また、原告側が設置を提案した日韓で解決策を検討する協議会について「韓国政府は参加する意向がある」と前向きな姿勢を示した。

 また、東京五輪に関し「成功のため韓国政府は積極的に協力する」とし、大統領自らの開会式などへの出席は明言しなかったものの、「日韓関係を根本的に改善するいい機会になることを期待する」と述べた。

 非核化交渉が行き詰まる米朝関係については「楽観はできないが、悲観する段階ではない。米朝両首脳間の信頼は続いている」との見方を示した。南北関係に関しても「米朝関係が膠着(こうちゃく)状態にあるため南北関係も難しい状況だが、対話を通じて協力を続けている」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報