東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

桜名簿の違法扱い「民主党政権から」 菅氏 有無調査重ねて否定

記者会見する菅官房長官=14日午後、首相官邸で

写真

 菅義偉官房長官は十四日の記者会見で、二〇一三〜一七年の「桜を見る会」の招待客名簿の違法な取り扱いに関し、民主党政権の前例を引き継いだ対応だったと明らかにした。これまで事務的なミスだと説明してきたが、前政権に責任を転嫁するような姿勢に転じた。

 菅氏は、桜を見る会が中止になった一一、一二両年も開催の準備はしていたことに触れ「内閣府は名簿を管理簿に記載せずに廃棄していた。公文書管理法違反に該当する」と指摘。その取り扱いが「前例として漫然と後任に引き継がれてきた」と主張した。「民主党政権自体に責任があるとは言っていない」と述べた。

 招待客名簿が残っている可能性に関しては「これまでの調査で既に廃棄したということであり、再調査は考えていない」と重ねて強調した。名簿の違法な取り扱いを巡って関係者を処分するかどうかについては「適切に対応している」と述べるにとどめた。

 野党は追及本部の会合を国会内で開いた。共産党の宮本徹衆院議員は「中止になった時の取り扱いを前例踏襲するはずない。漫然とではなく、意識的でないと起きない話だ」と内閣府の担当者をただした。

 桜を見る会は一九五二年から例年行われてきたが、中止になった年もある。一一年は東日本大震災、一二年は北朝鮮の弾道ミサイル対応を理由に中止された。 (中根政人、妹尾聡太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報