東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

河井前法相夫妻の政倫審出席求める 野党一致

 立憲民主党など野党の国対委員長は十六日、国会内で会談し、昨年の参院選を巡り家宅捜索を受けた自民党の河井案里参院議員と夫の河井克行前法相に関し、衆参両院の政治倫理審査会で説明するよう求める方針で一致した。近く自民党に要請する。立民の安住淳国対委員長は会談後、河井夫妻による十五日の取材対応について記者団に「説明になっていない単なるおわび会見だ」と批判した。

 衆院議院運営委員会は理事懇談会を開催した。二十日召集の通常国会の審議日程に関し、与党は二十二、二十三両日に各党の代表質問を実施したいと提案。野党は、公選法違反疑惑で辞任した河井前法相と菅原一秀前経済産業相が、国会で事実関係を説明する必要があると反発したため折り合わず、継続協議となった。

 野党は理事懇談会で、IR汚職事件を巡る政府側の説明も求めた。

 参院議運委も理事懇談会を開き、野党は案里氏が経緯を明らかにする必要があると主張した。二十日に安倍晋三首相の施政方針演説など政府四演説を行う日程を決定。衆院代表質問の日程が二十二、二十三両日で決まれば、参院代表質問を二十三、二十四両日に実施すると与野党で合意した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報