東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

京都市長選告示 現職と2新人の争い

 任期満了に伴う京都市長選が十九日告示され、与野党五党の支援を受けて四選を目指す現職門川大作氏(69)と、元市議村山祥栄氏(41)、共産党とれいわ新選組が推薦する弁護士福山和人氏(58)の二新人の無所属三人が立候補を届け出た。三つどもえの争いとなり、投開票は二月二日。

 三期十二年の門川市政への評価や、観光が地元住民の生活に悪影響を及ぼす「観光公害」への対応が主な争点となる。

 門川氏は自民、立憲民主、国民民主、社民各党の府組織と公明党本部の推薦を得ている。出陣式には、各党の国会議員が出席。門川氏は現場主義に徹してきたと強調し「京都のまちづくりを新たなステージにアップさせたい」と述べた。

 福山氏は、れいわの山本太郎代表も駆け付けた市役所前での出発式で「市長が本気になったとき、どんな景色が見えるのかを市民の皆さまに体験してほしい」と訴え、中学生までの医療費無料化など子育て支援の充実を掲げた。

 村山氏は中京区で「しがらみを断ち切って、聖域なき改革をやり、若者が住めるまちにする」と第一声。財政再建を徹底するため市長給与を半額カットするとした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報