東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

小泉氏、石炭火力に反対 ベトナムの日本企業計画 閣内不一致か

会見する小泉環境相=21日、環境省で

写真

 小泉進次郎環境相は二十一日の閣議後記者会見で、三菱商事が関わるベトナムの石炭火力発電所の建設計画に反対の立場を表明した。事業を止める権限はないが、地球温暖化対策を妨げるとして問題視されていることを踏まえ「国際社会から批判を浴びながらこのような実態があるのはおかしい。国民、国際社会の理解は得られない」と述べた。

 政府は、最新鋭の発電設備導入など一定の要件を満たせば発展途上国の石炭火力発電所建設を支援する方針だが、これに一石を投じた形。閣内不一致との指摘が出る可能性もある。小泉氏は今後、関係省庁と支援の在り方を議論したい意向も示した。

 石炭火力発電は、二酸化炭素(CO2)の排出が特に多く、欧州などで廃止の流れが強まっている。日本は途上国支援のほか国内の利用も続ける方針を崩していない。

 小泉氏が問題視したのは、ベトナムで三菱商事の子会社などが計画するブンアン2石炭火力発電所(二基、計百二十万キロワット)。国際協力銀行(JBIC)や国内のメガバンクが融資を検討中で、建設は中国や米国の企業が担う見通し。

 小泉氏は、海外支援をする理屈としてこれまで「日本がやらなければ中国が席巻する」と説明されてきたと指摘した。「今回の構図は日本が金を出し、造るのは中国と米国のメーカーだ」と述べ、整合性に強い疑問を示した。「日本の政策を脱炭素化に資するように変えたい」とも強調した。

 政府はインフラシステム輸出戦略などで、石炭をエネルギー源として選択せざるを得ない国に限り、要請に基づき、世界最新鋭の設備の導入を支援するなどとしている。

 三菱商事は「個別の案件に回答できないが、開発に着手した案件を除き、新規の石炭火力発電事業には取り組まない方針だ」とした。国内外の環境団体などは「ブンアン2が稼働すれば長期間、大量のCO2を出し続ける」と強く反対している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報