東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「桜」招待客名簿 首相が調査拒否 衆院代表質問、野党追及

 安倍晋三首相の施政方針演説に対する各党の代表質問が二十二日、衆院本会議で始まった。首相は自らが主催した「桜を見る会」を巡り、内閣府が廃棄したとする招待客名簿の再調査について「指示する考えはない」と拒否した。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業に絡む汚職事件についても「個別の捜査に影響を及ぼす可能性がある」として語らなかった。 

 立憲民主党の枝野幸男代表は、桜を見る会の招待客名簿の再調査に加え、電子データを消去した証拠となる履歴(ログ)の開示も求めた。首相は「内容を明らかにすれば不正侵入等を助長する恐れがあり、セキュリティー上の問題がある」として拒否した。

 内閣府が招待客名簿の一部で部局名を削除する「白塗り」加工をして国会に提出した問題については「極めて不適切」と認めた。

 IR汚職事件に関しては、秋元司元内閣府副大臣が収賄容疑で逮捕、起訴されたことを受け「誠に遺憾だ」と語った。枝野氏や国民民主党の玉木雄一郎代表はIR事業の撤回や凍結を求めたが、首相は「(政府の)カジノ管理委員会や、国会での議論も十分に踏まえ、丁寧に進めていく」と応じなかった。

 昨夏の参院選を巡る公選法違反容疑で広島地検から関係先を捜索された河井克行前法相、別の公選法違反疑惑報道を受け辞任した菅原一秀前経済産業相の任命責任については「行政を前に進めることに全力を尽くすことで、国民への責任を果たす」と従来の説明を繰り返した。

 海上自衛隊の中東派遣については、枝野、玉木両氏が防衛省設置法の「調査・研究」目的で実施されることを批判した。首相は「現行の法令に基づいて実施可能であるから、特別措置法などの新たな立法措置は必要ない」と強調した。

 この日は自民党の二階俊博幹事長も質問に立った。 (川田篤志)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報