東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

野党「自民・杉田水脈氏がヤジ」 夫婦別姓巡り 事実確認要求

 立憲民主、国民民主両党は23日の衆院議院運営委員会理事会で、選択的夫婦別姓の導入を唱えた野党の代表質問に「だったら結婚しなくていい」とヤジが飛んだ問題に関し、自民党の杉田水脈(みお)氏を名指しし、同党に事実確認を求めた。自民党は持ち帰った。発言者を特定しない方針だ。

 本紙は、ヤジのあった22日の衆院本会議後、杉田氏の事務所に事実関係を問い合わせたが、同日深夜に秘書から「本人と連絡が取れない」と回答があった。杉田氏は23日、党本部や国会内で記者団の問いかけに応じなかった。

 立民の安住淳国対委員長は自民党の森山裕国対委員長と会い、杉田氏の名前を挙げ「品位を疑われるような発言は厳に慎むべきだ」と抗議。会談後、森山氏は不規則発言は望ましくないとの認識を示しつつ「本人に問い合わせる予定はない」と記者団に語った。

 「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」の井田奈穂事務局長は「大きな差別発言だ。姓を変えたくないというのは基本的人権の一部。誤解と偏見を持つ議員が、まだ国会にもいることが分かった」と本紙に語った。同姓を法律で義務付けているのは日本だけで、他国では別姓でも問題が起きていないといった知識に欠ける議員もいると指摘した。

 現行民法は夫婦は同姓を名乗ると規定。選択的夫婦別姓を導入すれば旧姓使用も可能になる。1991年に法制審議会で法改正の検討が始まったが、実現していない。2017年の内閣府世論調査では、67%が選択的夫婦別姓を容認している。 (大杉はるか)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報