東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

桜を見る会 首相後援会の夕食会明細 野党、秘密会で開示要求

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は二十六日のNHK番組で、「桜を見る会」前日に安倍晋三首相の後援会が開いた夕食会に関し、国会で非公開の秘密会を開いて明細書を開示するよう求めた。会場のホテルが公開を望んでいないとする首相の説明を踏まえた。同じ番組で自民党の稲田朋美幹事長代行は、政府が一年未満としている招待者名簿の保存期間について「見直しが必要だ」と指摘した。

 桜を見る会を巡り、福山氏は「全ての混乱の責任は首相にある。情報開示が議論のスタートだ」と述べ、招待者名簿の電子データ廃棄のログ(記録)公開も要求。国民民主党の平野博文幹事長は、政府のずさんな公文書管理に関し「国民の知る権利を奪っている」と批判した。

 公明党の斉藤鉄夫幹事長も「政府、与党にもお祭りのようなところがあり、軽視する姿勢があった」と述べた。

 共産党の小池晃書記局長は、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業に絡む汚職事件を受け「疑惑まみれのカジノ法は廃止すべきだ」と訴えた。日本維新の会の馬場伸幸幹事長は「IRを通じて観光産業を育てることは必要だ」とし、ルール厳格化による汚職防止を主張した。

 稲田氏は、自民党本部から河井案里参院議員側への計一億五千万円の入金について「党勢拡大で重点的に援助することはある」と説明した。

 斉藤氏は、改憲の是非を問う国民投票時のCM規制を求める野党の意見に関し「当然の疑問だ。大いに議論しよう」と呼び掛けた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報