東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

「きょう帰国機派遣」自民・二階氏

 自民党の二階俊博幹事長は二十七日の記者会見で、新型コロナウイルスの肺炎が発生した中国・武漢に滞在する邦人を帰国させるためのチャーター機について「二十八日朝、準備が整い次第、出発する」との見通しを明らかにした。加えて「可能な限り速やかに対応するよう政府に要望した」と強調した。

 外務省幹部は「調整できれば二十八日に派遣したい」との見方を示した。民間チャーター機二機のほか、政府専用機一機の派遣も検討していると明らかにした。成田空港を出発し、羽田空港に帰国するルートで調整を進めているという。

 これに先立ち、菅義偉官房長官は会見で「希望する全員が早急に帰国できるよう各方面との調整をさらに加速する」と説明。中国への救援物資輸送については「中国側の具体的なニーズに沿った形で可能な協力を行うべく、具体的な支援内容について調整している」と述べた。マスクや防護服などをチャーター機で運ぶ方向だ。

 日本政府関係者によると、チャーター機での帰国者には二週間程度、勤務先企業などを通じて自宅待機などの経過観察を求め、感染拡大防止に努めるという。

 自民党の林幹雄幹事長代理は会見で、東京都が防護服二万着の支援を準備していると説明した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報