東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

桜懇親会 ホテル側「宛名ない領収書 発行せず」 野党、首相側と相違

衆院予算委で立憲民主党の辻元清美氏(左手前から2人目)と議論を交わす安倍首相(右)=17日午前

写真

 安倍晋三首相の地元後援会が「桜を見る会」前夜に東京都内のホテルで開催した懇親会を巡り、首相側が参加者に個別で渡したホテル領収書について、ホテル側が「宛名なしで発行することはない」と回答していることが分かった。十七日午前の衆院予算委員会で、立憲民主党の辻元清美氏が明らかにした。首相は宛名なしの領収書をホテル側が発行したと答弁しており、食い違いが生じた。首相は自身の事務所に事実関係を確認させる考えを示した。

 辻元氏は、第二次安倍政権発足後に計三回、懇親会の会場となったANAインターコンチネンタルホテル東京(東京都港区)の広報担当者に文書で確認した内容を紹介した。ホテル側はパーティーや宴席全般で、宛名が空欄の領収書を発行したことはないとし、代金を参加者個人から受け取ることもなかったという。

 首相側が受け取っていないとする懇親会の明細書についても、ホテル側はパーティーや宴席で「主催者に発行する」と回答。辻元氏は、回答の通りなら「首相の答弁が根底から覆る」と指摘した。

 首相は「契約主体は個々の参加者だ。安倍事務所がホテル側との合意に基づいて会費を集金し、ホテル名義の領収書をその場で手交した。明細書はもらっていない」と従来の説明を繰り返した。 (中根政人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報